CHECK

YOUTUBE向け動画制作に挑戦!編集ソフトの選び方やエンコードなどの基礎知識を紹介

このサイトでは、YOUTUBE向けの動画制作に取り組みたい方に向けて、編集ソフトの選び方やエンコードなどの基本情報をご紹介します。
また、このサイトでは、動画の制作で必ず必要となる編集ソフトの選び方のポイントについても詳しく触れていきます。
さらに、動画の制作の初心者に向けて、無料で利用できる編集ソフトを選ぶメリットや選び方や使い方などの情報についてもお伝えしていきます。
この記事を読めば、動画に関する幅広い知識が身に付きます。

YOUTUBE向け動画制作に挑戦!編集ソフトの選び方やエンコードなどの基礎知識を紹介

YOUTUBE向けの動画制作では、編集ソフトが必要です。
どのような編集ソフトを選ぶのかによってもできることや作業スピードなどが異なるため、よく比較して目的に合った製品を選んでおきましょう。
映像を作る際には、YOUTUBEの規格に合わせるためのエンコードの知識やテクニックも必要です。
動画編集ソフトはプロ向けから初心者向けまで様々です。
クリエイターを目指すならば、商用利用可能なプロ向けソフトを使いましょう。
動画制作の初心者はとりあえず無料の製品から使用してステップアップするのも手です。

YOUTUBE用の動画制作に取り組む人が増えている背景

YOUTUBEではアクセス数による利用実績など一定の条件を満たすことで収益化が可能となり、閲覧数に応じてシステム利用料などを差し引いた金額を指定口座に振り込んでもらうことが可能です。
ちょっとしたお小遣い稼ぎから、一獲千金を狙う本格的なビジネスまで様々な層の方が動画制作に取り組んでいます。
これらの人々が増えている背景には、収益化のノウハウが確立されただけではなく、ハードウェアやインフラの充実があります。
スマートフォンやパソコンの性能が向上したほか編集アプリも増えており、誰もが簡単に動画制作を行うことが可能となりました。
また、光ファイバー回線の敷設や5Gのアンテナ設備の設置などのインフラもほぼ日本全国を網羅し、高速な回線を利用して快適にアップロードしたり閲覧することが可能となったのも大きな要因です。
全ての環境が整ったことから動画制作は決してプロ向けの仕事ではなく、老若男女の誰もが楽しめるカテゴリーへと昇華しました。

YOUTUBE用の動画制作を行うメリット

YOUTUBEはエンタメ関連の動画が多いですが、普通の企業が宣伝用にも利用している場所でもあります。
かつては自社のホームページ上に動画を埋め込んでいた会社が、いつしかYOUTUBEに動画を上げてそれ自体を埋め込む様になりました。
それだけ公式感が簡単に出せるのと、管理が簡単だからでしょう。
動画制作のスキルは必要ですが、完成してしまえば見せる場所としては最適です。
編集ソフト上のエンコードの設定で、動画制作の時点でアップロード先に合わせたものにしておけば、綺麗な状態で公開が出来ます。
見た目を気にするなら、具体的にはフルHDの1,920x1.080のサイズにしておけば間違いはないでしょう。
スマートフォンからの閲覧も増えいてるので、いわゆるショート動画に対応させる事も選択肢の一つですが、ショート動画は逆にパソコンからだと小さく見えてしまうので、メリットばかりではありません。
公開したら会社の持つSNSで拡散すると、効果的です。

YOUTUBE用の動画制作に取り組む際にはパソコンが必要

スマートフォンでも動画制作は不可能ではありませんが、ソース動画から不要な部分をカットするだけの簡易的なものならばまだしも、本格的な編集作業となるとやはりパソコンが必要です。
パソコンならば豊富な動画制作ソフトが用意されており、初心者向けからプロ仕様まで予算やスキルで選ぶことができます。
編集作業を行ってから動画ファイルへと出力するためのスペックも重要で、同時に処理できる命令数、高速に演算処理を実行するクロック周波数など全体的な処理能力はパソコンにはかないません。
特にYOUTUBEではアップロードできる動画の仕様が決まっていることから、それに合わせて動画を変換しなければなりませんが、例えば1時間の動画だった場合、最新のパソコンであれば実時間の1時間以下で完了する場合もあるところ、スマートフォンで同じ作業を行えば5時間を経過しても終わらないほどです。
処理能力や作業の効率性、ツールの充実などからYOUTUBE用の動画制作をするならパソコンがおすすめです。

スマホやタブレットだけでYOUTUBE用の動画制作を行うことは可能?

昨今になりモバイル端末の性能が向上しているのと同時に動画制作アプリの種類も充実しており、現在ではスマホやタブレットだけでも十分YOUTUBE用の動画制作を行うことは可能です。
不要な部分をカットして繋げて出力する簡易的なものをはじめ、映画の製作現場でも使用しているような本格的なプロ向けのアプリまで様々な種類があります。
無料のアプリでは編集できる動画の長さに制限があったり、メーカーのロゴが強制的に表示される場合もありますが、それでも構わないのなら費用をかけずに手軽に動画制作が可能です。
一方、本格的なものを作りたいなら費用は高額になってしまいますが、プロ向けの有料アプリを購入すれば編集だけではなくテロップや字幕スーパー、エフェクトなど様々な演出を加えることが可能なほか、出力のフォーマットや解像度、画質なども細かく設定することができます。
これらのアプリの登場により、YOUTUBE用の動画制作の選択肢が大きく広がりました。

動画制作,YOUTUBEに関する情報サイト
YOUTUBE向け動画を作ろう!

このサイトでは、YOUTUBE向けの動画制作に取り組みたい方に向けて、編集ソフトの選び方やエンコードなどの基本情報をご紹介します。
また、このサイトでは、動画の制作で必ず必要となる編集ソフトの選び方のポイントについても詳しく触れていきます。
さらに、動画の制作の初心者に向けて、無料で利用できる編集ソフトを選ぶメリットや選び方や使い方などの情報についてもお伝えしていきます。
この記事を読めば、動画に関する幅広い知識が身に付きます。

Search